ゼニカルの処方

ゼニカルと一緒にビタミンの処方

ゼニカルを病院で処方してもらうときに、ビタミン製剤も一緒に出されることがあります。

ダイエットをするために飲む医薬品に、どうしてビタミン製剤まで処方されるのでしょうか。

理由は、ゼニカルが効く仕組みにあります。

ゼニカルという薬を飲むと、食事から摂取した余計な脂分のおよそ30%を、体に吸収させないで排出させることができます。

脂肪が体内に吸収されるときは、ビタミンA・D・E・Kなどといった脂溶性と呼ばれるビタミンと一緒にとり入れられます。

脂肪の吸収をさまたげるゼニカルを服用したことによって、ビタミンA・D・E・Kなどの栄養素が吸収障害を招いてしまうのです。

ゼニカルは飲むときには、ビタミン製剤も併用することによって、栄養を補うことができます。

ビタミンの摂取量の低下を招かないようにしっかり補給することは、キレイにやせることにつながるでしょう。

ゼニカルを病院で処方してもらうのではなく、個人輸入や輸入代行業者のサイトで手に入れる場合も、ビタミン製剤で意識的に栄養補給をすることは大切だと考えられます。

ビタミンというとどれも同じように思われるかもしれませんが、ビタミンB類やビタミンCといった水溶性は、ゼニカルを飲んでも吸収障害を起こすことはありません。

ゼニカルの成分自体は、体の中でほとんど吸収されません。

言い方を変えれば、利用しても成分そのものがあまり体に影響を与えないので、腎臓や肝臓などの臓器の副作用を発症する心配も、比較的不用ということになります。

ダイエットをするときは、体に悪影響を及ぼすものなど、避けたいですよね。

ゼニカルを飲む同時期に、他に摂取している薬があったり、病気を患っているときには、医師に相談して正しい使用方法を伝授してもらってください。

日本で医師から飲み方の指導を受ける場合は、一般的に1日1回〜2回の服用と伝えられます。

海外では1日3回が通常ですが、体型や体質の違いから、このような差があるということです。

>>ゼニカルの詳細はこちら<<