ゼニカルの半減期

ゼニカルの半減期とは

ゼニカルの有効成分はオルリスタットといいます。このオルリスタットの血中濃度が半減する期間は約1 〜 2 時間です。

半減期というのは、成分の血中濃度がどれくらいで下がるのか、という目安です。ゼニカルが体内にとどまる時間はきわめて短いと言えるでしょう。

つまり、体内にとどまらず、なんら副作用も及ぼさないということを意味しています。

その分、副作用も少なく、あったとしても軽微なものになっています。ですから、安心して続けられるのですね。

アメリカ合衆国での実験の結果、ゼニカル薬の1年間に渡って投与し続けたことにより60%の成人で5%の体重減少が、27%の成人で10%の体重減少が観察されています。

ゼニカルの持つ、摂取した脂肪分を吸収させないという作用は、確実に多くの方にダイエット効果をもたらしているのです。

食生活を変えずゼニカルを服用すると、三割の脂肪分が吸収されずそのまま体外へ排出されます。

これは食事制限を開始したことと同等の効果があります。

ただ飲むだけ、ただそれだけでも、体重が減少するという実験結果からもわかるように、脂肪を吸収しなくするだけで、人は痩せていくのです。

逆に考えてみると、脂肪分がどれだけ体重に影響を及ぼすか、ということがよくわかります。

毎日の食事で脂肪分は結構多いものです。これは恐ろしいくらいの結果でしょう。

ゼニカルは神経系に作用しない、唯一のダイエット医薬品といってもいいくらいです。

他のダイエット薬は神経系への作用によって食用を抑制したりするものです。

食欲を抑制するような効果のことです。

そのようなものは常用することが危険であり、依存性も危険視される場合があります。

そのようなものとは違い、ゼニカルは脂肪の吸収を抑制する以外の効果を持たないシンプルで確実な医薬品です。

効果もシンプル、神経系ではなく、消化酵素を阻害するのです。

脂分のあまりない食事で服用してもさほど効果はありませんが、「今日の食事は脂分が多そうだ・・・」という時に飲めば、翌日にその効果を実感することができるでしょう。

>>ゼニカルの詳細はこちら<<