ゼニカル アメリカ

ゼニカルのアメリカでの使用状況

ゼニカルはスイスの製薬会社が開発した肥満治療薬です。

日本では現在未認可ですが、アメリカなど海外では80か国以上で肥満治療薬として医療現場で使用されています。

アメリカは性別に関係なく成人の約1/3が肥満というデータがあるほど、肥満の方が多く、社会問題になっています。

アメリカでなぜそんなに肥満の方が多いのかというと、その食生活が原因と考えられています。

お肉中心の食生活で、ボリュームも日本と比べるとすごく多いです。

そして車社会のため、運動の習慣があまりありません。

そのようなことが原因で肥満の方が多い国家として有名です。

医療費なども莫大になるため、国家をあげて肥満をなくすように対策がとられるようになりました。

日本の豆腐などがヘルシーであることから人気になっているのも、肥満に対して人々の意識が変わってきているからと言えます。

そして、医療現場では、このゼニカルという医薬品が役立たれています。

アメリカの米国食品医薬品局(FDA)では認可されているため、安全性などはお墨付きと言えます。

このゼニカルは脂分を含んだ食事をするときに、ゼニカルを服用することによって、摂取した余分な油分の約30%を身体に吸収しない状態を作り、体外に排出するという薬です。

アメリカの一般的な食事はお肉中心なので、脂分が多く、ゼニカルを使用したダイエットに適していると言えます。

アメリカの方がゼニカルを服用する場合は1日3回と記載されていますが、食文化が違う日本では、服用を1日1〜2回に抑えることが大切です。

元々日本人とは体質が違うので、同じ用量での服用は身体によくありません。

個人輸入での購入の場合に例えばアメリカから購入した場合には、アメリカ人向けの使用方法が英語で記載されているので、注意しましょう。

このゼニカルは多く飲めば痩せるという医薬品ではありません。

あくまでも、脂肪の吸収を抑制する医薬品です。

そのことをまりが得ないようにしましょう。

>>ゼニカルの詳細はこちら<<